2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.25 (Thu)

宇宙どんぐりとニュートンのリンゴの木


メリークリスマス!!
今日のクリスマス、どのように過ごされましたか?
私は…、実家の用事に追われて、
クリスマスとは無縁の一日でした・・・(T^T)

ですので…今日はクリスマスとは無縁な話題です(^▽^;


VQ1015 ENTRY

『宇宙どんぐり』って、ご存知ですか?覚えておられますか?
数年前、日本人宇宙飛行士の野口さんと、
一緒に宇宙へ行ったどんぐり。
横浜市こども植物園のどんぐりを持って行かれたそうです。
この子達は宇宙どんぐりの友達の友達…くらいかな??


donguri2.jpg
ViviCam 5399

こちらは、『ニュートンのリンゴの木』

高さが50~60センチ位でしょうか。とても小さな木でした。
ニュートンが見ていたのがこの木だったら、
万有引力を発見できなかった…かも?

他にも『メンデルのブドウ』など、
へぇ~っ!!と思う物がたくさんありました。

donguri3.jpg
ViviCam 5399

ニュートンのリンゴの木の後ろには、
『ウィリアムテルリンゴ』!?え”ぇっ!?
いや、コレは…リンゴの品種名なのかな??

read moreに、『ニュートンのリンゴの木』の説明があります。


にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ
5位になりました♪応援、本当にありがとうございます<(..*)>
頑張れますので、よろしければポチン★をお願いします。



【More・・・】

donguri4.jpg

この写真ですと読みづらいので、↓に書いてみました。

ニュートンのリンゴの木

イギリスの物理学者アイザック・ニュートンが、万有引力を発見するきっかけとなった彼の生家のリンゴの木は、1814年に枯れてしまいました。しかし、枯れる前に接ぎ木したものがイギリス国立物理学研究所をはじめ数ヵ所植えられています。植物園のこのリンゴの木は、1964年イギリス国立物理学研究所所長サザランド卿から日本学士院長柴田雄次博士に贈られてきた苗を接ぎ木繁殖したうちの1本で、1984年東京大学理学部付属植物園(小石川植物園)から寄贈されたものです。

と書かれています。
スポンサーサイト

テーマ : トイデジ - ジャンル : 写真

23:47  |  Flower  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。